×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ツバル写真集・地球温暖化でツバルは沈むか?

良く考えてみよう
本文へジャンプ
       

(2009年4月16日、フィジー)

2008年にツバルを訪問した際は、コンヴェア580という骨董品のような飛行機でツバル入りしたのですが、その後運航会社が変わったようで、それに伴って機体も代わりました。2009年4月現在、フィジーとツバルを結んでいるのはATRの42-500。この機体は今でも日本国内を含め、あちこちで運用されています。骨董品に比べると格段に安心感があります。メーカーのHP(こちら)によると、現役の機体のようです。ただ、水平尾翼が垂直尾翼の上に付いてる飛行機ってな〜んかイヤなんですよねぇ・・・飛行機嫌いとしては。



(2009年4月23日、ツバル)

この機体、50席だったと記憶しています。週2便の運航ですから、ツバルには毎週100人程度しか訪問する事ができないわけです。2009年4月現在、フィジー→ツバル便は、かなり前からキャンセル待ち状態になるようですから、もう少し便数を増やしてくれると嬉しいのですが。
      
Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。
『地球温暖化でツバルは沈むか!?2008』