×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 LS「ガンプラ」を検証する! 本文へジャンプ
  

 


 <メニュー>

トップページ

(初代)ワルサーP38
 (外観内部メカ

(初代)ワルサーP38
シークレット・エージェント


(2代目)ワルサーP38

バントライン・スペシャル

ピースメーカー

レミントン
ニュー・ネービー


コルト・ガバメント

コルト・コマンダー

オートマグ(未組立)
オートマグ(発掘品)

ルガーP08

モーゼル・ミリタリー

S&W
コンバット・マグナム


S&W M29

S&W M29 ハンティング
スペシャル


S&W チーフ・スペシャル

コルト・パイソン

コルト・ヴェスト・ポケット

KIT. No. について

(番外編)板チラシ

(番外編)赤チラシ

(番外編)紫チラシ

(番外編)黄チラシ


(番外編)LS以外
  〜発掘2009
 ・室内のいろいろ

 ・MGCスターリング
 ・マルイ・ガバ
 ・箱に入ったいろいろ1
 ・箱に入ったいろいろ2
 ・袋に入ったいろいろ



 


コルト・ピースメーカー


 日本のトイガン史上、もっとも数多くモデルアップされたのが、コルトのガバメントとこのピースメーカーでは無いでしょうか?LSも作ってました。




 最近のリアルなモデルガンと比べると、リアルさはとてもかないませんが、構造が単純なため、子供ががちゃがちゃ遊んでもなかなか壊れませんでした。よって、現存率の高いモデルです^_^;) ただ、トリガーが折れる、というトラブルがありました。細いパーツなんで、力いっぱいトリガーを引くのはご法度です。


 ちょっと比較してみましょう。上:タカナ製、下:LS。タナカ製はCMC金型を使っているはずですので、基本的にCMC製と同じはずです。




(写真上)ハンマーのスパー部。曲線で構成されたピースメーカーは、こんな小さな部分がとても目に付きます。LSは、なんかぼてっとした感じがヘン。昔のマルシン製金属モデルに似ている気がします。
(写真下)フロントサイト。これは非常に違和感があります。実銃にはこんな形をしたモデルもあったのでしょうか???
あ、それからLS製はバレルにもフレームにも一切の刻印がありません。もっともLSは今から40年近く前の設計です。あまりディテールを突っつくのは酷と言うものでしょうか。内部メカはローディングゲートスプリングに蓋をするスクリューが省略されている以外は正確です。って言うか、実銃が省略のしようもないシンプルなメカですよね。

 ピースメーカーは、レベルの高いトイガンがたくさんありますから、21世紀の現在では、取り立ててLS製が優れているとはいえませんねぇ・・・・・・。まぁ、言っちゃえばそれだけ。