×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 LS「ガンプラ」を検証する! 本文へジャンプ
  

 


 <メニュー>

トップページ

(初代)ワルサーP38
 (外観内部メカ

(初代)ワルサーP38
シークレット・エージェント


(2代目)ワルサーP38

バントライン・スペシャル

ピースメーカー

レミントン
ニュー・ネービー


コルト・ガバメント

コルト・コマンダー

オートマグ(未組立)
オートマグ(発掘品)

ルガーP08

モーゼル・ミリタリー

S&W
コンバット・マグナム


S&W M29

S&W M29 ハンティング
スペシャル


S&W チーフ・スペシャル

コルト・パイソン

コルト・ヴェスト・ポケット

KIT. No. について

(番外編)板チラシ

(番外編)赤チラシ

(番外編)紫チラシ

(番外編)黄チラシ


(番外編)LS以外
  〜発掘2009
 ・室内のいろいろ

 ・MGCスターリング
 ・マルイ・ガバ
 ・箱に入ったいろいろ1
 ・箱に入ったいろいろ2
 ・袋に入ったいろいろ



 


(初代)ワルサーP38


 LSのP38は、その内部メカの正確さから、今でも人気のようで、オークションでは高値を付ける事が多いようです。でも一般的なLSのP38はいわゆる「2代目」で、実はその前に初代ともいえる全く別のP38がありました。これがそのパッケージ。



 キットを組み上げた物。パッと見た目にはそれほど違和感はありません。強いて言うならトリガーのカーブが若干弱い事と、トリガーガードの形状に少々違和感がある程度。しかし、現物を手にすると言うか・・・2代目とは全く違って、いかにもオモチャ然とした感じなのです。どうも、私が知っているP38―つまり2代目LSガンプラP38やマルシン製P38等―に比べると、細部の寸法というかバランスが、微妙に異なるようです。それに何よりヘンなのが、その表面仕上げ。



 刻印が何と凸!。これが“いかにもオモチャ”、な雰囲気を漂わせています。それに表面がこれまた表現し難い奇妙なうねうねの凹凸で覆われています。サンドブラストを表現したつもりでしょうか?



 スライドを引くとちゃんとショートリコイルするし、ロッキングブロックらしきパーツも見えるのですが実は・・・(次のページ参照)。



初代P38の組み立て説明書です。初期LSガンプラの説明書は正方形なんですよ。
この製品の発売時期が推定できる記述があります。実銃のP38に関する解説中、『生産が開始されてから30年を経た現在でも』と書かれているのです。ワルサーP38の生産開始を1938年とすると、30年を経ると1968年。もしかすると、この初代P38は60年代にはすでに製品として市場に出ていたのかもしれません。