×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ツバル写真集・地球温暖化でツバルは沈むか?

良く考えてみよう
本文へジャンプ
<写真集メニュー>
       


              ツバルの本当の被害とは?

2009年の現在、ツバルが地球温暖化から受けている被害はごく僅かです。島が削られたり、浸水するのは別の要因があるのです。しかし、ツバルは今、大きな『被害』を受けているように私には思えます。その被害とは何か?それは風評被害です。過去10年間、世界中のマスコミがツバル水没説を広めました。今やツバル人自身が“自分の国は水没して住めなくなるんだ・・・”と思うに至っています。例えばこのサイト。ツバル人自身が、『人々がもうツバルに住めなくなってきました』と考えているのです。

確かに将来、そうなる可能性が無いとは言いません。しかし、ツバルに人が住めなくなる時、東京都民の数百万人が住む場所を失うのです。ツバルの人々には、ぜひこの事実を知ってもらいたい。

ツバル人自身が、“この国にはもう住めない”と考え始めている。そのために、オーストラリアやニュージーランドに移住したいと考え始めている。人口、僅か9,500人のツバルです。多くの国民がそう考えて、他国に移住してしまったら?それこそツバルという国と文化の消滅ではないでしょうか。

海面上昇の被害を受けるのはツバル人も日本人も同じです。“We are islanders”。ツバル人「だけ」が自国の将来に悲観することがないよう、そして「ローカルな要因」の解決をツバル人自身に促すためにも、正しい情報をツバル人に伝える必要があると思うのです。

------------------------------------------------------------------------------------

2009年のツバル訪問では、ファンガウア島で宿泊した家の主人からこう聞かれました(ファンガウア島にホテルは無いので、島民の家に泊めてもらうしかりません)。船乗りとして、日本には何度も行ったことがあるというこの主人、
『お前は、地球温暖化による海面上昇を信じるか?』

私はこう答えました。
『海面上昇は起こっていると思う。しかし、ゆっくりとだ。急にツバルが沈んでしまう訳じゃない。それに・・・ツバルが沈む時、東京も何分の1かは水没する。ツバルも日本も、運命は同じだよ。』
彼は、私の答えをどう受け止めたでしょうか・・・?
      
Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。
『地球温暖化でツバルは沈むか!?2008』